滑ることはなんでも好き!!

どうもジャンパーです!滑る系スポーツをこよなく愛する俺のブログなんでヨロシク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オレの得意技の解説(自慢入ってマスww)2

ノーリーオープン540°

ノーマルスタンスでノーリーし、オープンサイドにスピンするトリック。
グラトリのスピンはターンの遠心力を利用して回転力を得るが、540°も同様で最初の90°ぐらいはややノーズ側のヒールエッジに上体を低くしながら加重しオープンサイドにターンする。
次に180°ぐらいにかけて、上半身をスピン方向にねじって先行させながらノーリー。
飛び上がるときには上半身は後ろ向きとなるはず。

飛び上がると、ターンの遠心力+上半身のねじれを修正しようとする力でボードが回転。
しかしそのままでは360°~450°くらいでスピンが止まることがあるから、空中で体のねじれが直ってきたときに上半身が正面を向くように意識することが重要。
上半身が前を向けば最後の半回転を下半身で回すことができる。
スポンサーサイト

テーマ:キタ――(゚∀゚) ――! - ジャンル:日記

  1. 2006/03/08(水) 18:49:18|
  2. 得意技について

オレの得意技の解説(自慢入ってマスww)1

バックワードキャブ360°

フェイキーからのオーリー(見た目はノーリー)360°のことで、ターンの遠心力を利用しテールのかかと側エッジを支点にオーリーしてスピンさせる技。
流れとしてはまず90°くらいまではバックサイド側にターンしながら、ややテール側にエッジをかけて踏み込む。
そしてターンしながらテールを弾き飛び上がる。
あとは空中で足を若干引き付けながら残り180°を下半身で回し着地。
厳密にはオーリーしたあと空中で360°回っている訳ではなく、先行90°+飛び上がり90°+空中180°のような感じかな。
(脚力や使うボードのフレックスによって最初の先行と飛び上がりまでの回転角度は増減する)

慣れてくると着地後にドライブしてしまうことがあるが、それは回る力が効きすぎている為と思う。
その場合飛び上がるまでの溜めを短くしてみると良いかな。
またオープン360°のような着地がブラインドの場合は、着地するまで上半身を山側に向けておくと上半身と下半身の捩れにより回転する力が吸収され、着地後が安定する。

テーマ:キタ――(゚∀゚) ――! - ジャンル:日記

  1. 2006/03/03(金) 12:51:13|
  2. 得意技について

プロフィール

ジャンパー

Author:ジャンパー
ヨロシクで~す!!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。